導入例

<バイク便自動配車システム>
 2004年に2.5億円という開発費で世界初のGPSを使ってバイク便の配車管理システムの開発に成功しまた。ドリームテクノロジー、ドコモシステム、ゼンリン、ヤエスムセン、ダットジャパンの共同開発により、大企業の配送費縮小にとても有益となりました。

It succeeded to develop the distribution movement management system by using the GPS terminal of the world first in which $3,000,000 had been spent in 2004. The enterprise that jointly develops composes of the DoCoMo system, Zenrin, Yaesu Musen, and dat-japan. It was useful very much for the distribution cost reductions of big enterprises such as Dentsu and Hakuhodo.

<トラックメーカー保守管理システム>

大手トラックメーカーでの、販売店と本社を結びユーザーの修理受注や定期的な保守サービスの情報をデータベースで管理し、スタッフの簡易端末や販売店PCから入力された情報をリアルタイムで本社の管理部署へ送る。ヒューマンエラーの削減と顧客満足度の向上に有益となりました。

A store and headquarters by a major truck manufacturer are tied, information on the user’s repairing receipt of order and periodic maintenance service is managed by a data base and input information is sent to the management station in headquarters by real time from staff’s simple terminal and store PC. It became useful for reduction in human error and improvement of customer satisfaction.

<切手アーカイブ管理システム>

日本で発行された過去の記念切手をデジタルアーカイブで保存し、データベース管理によるデザインや文字情報の閲覧が可能。人的コストの削減に貢献する。

The past of commemorative stamps issued in Japan to save a digital archive, can be viewed in the design and character information by the database management. To contribute to the reduction of the human cost.